So-net無料ブログ作成

ダラス・オペラで《コジ・ファン・トゥッテ》 [アレンのニュース]

dallas cosi1.png いつまでも「ばら」「ばら」と騒いでいないで、じーちゃんの次のお仕事についても記録しなくちゃ。

 サー・トーマス・アレン(Sir Thomas Allen)、2010年上半期はアメリカでご活躍のご様子です。

 NYのメトロポリタン歌劇場に続いて、2月はダラス・オペラに登場。
 演目はお馴染みの《コジ・ファン・トゥッテ》、ドン・アルフォンソ役です。

 ちなみに、アレンはダラス・オペラの出演は初めて。
 公演の様子がWFAA-TVのエンタテイメント・ニュースで報道されました。(⇒こちらで映像が見られます

 “英国人のバリトンにして素晴らしい俳優であるサー・トーマス・アレンを主演に迎え・・・” と、ナカナカ大物っぽく扱われておりますぞ(笑)

 日程は、2/12, 2/14, 2/18, 2/20, 2/26, 2/28 の6日。

dallas cosi2.png 舞台写真でお分かりいただけると思いますが、ダラスの演出も時代読み替え。
 18世紀のナポリから、第一次世界大戦時代のモンテ・カルロに移したのだそうです。

 ドン・アルフォンソの役ドコロも哲学者ではなく、カジノの元締めなんですって。





 うーん、でもこのアレンちゃんは…元締めというよりは……




ポアロ.jpg エルキュール・ポアロ



 って感じよね!?

 

 (ヒゲがね……)



 ダラスでの出演者は以下の通りです。

Conductor: Music Director Graeme Jenkins
Fiordiligi:Elza van den Heever*
Dorabella:Jennifer Holloway
Despina:Nuccia Focile
Ferrando:Brian Anderson
Guglielmo:Michael Todd Simpson
Don Alfonso:Thomas Allen

* I've got this information from this site : Sir Thomas Allen - Britain's Favourite Baritone(⇒Click!) , thank you!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。