So-net無料ブログ作成

《ルイザ・ミラー》パリ・バスティーユ/ヴィノグラードフのヴァルター伯爵 [オペラ録音・映像鑑賞記]

 一口に「オペラファン」と言っても、その愛好のしかたは千差万別なのでありまして、総合芸術であるオペラの要素の何に重きをおくかは人それぞれに違います。

 私の場合は、こんな感じ?

 歌手(歌唱)作曲家演目演出演奏(オケ・指揮)ウンチク

 普段CDでしか聴かないのでこういう順番なのですが、これがDVDや実演だとかなり入れ替わると思います(「演奏」が最下層に来る、とかw)。

 つまり、歌手さえ気に入れば何でも聴く。

 では、その歌手を気に入るための要素ですが、たぶん、

 声域声質心意気得意分野容姿技巧プロフィール

 という順番で、贔屓にするかしないかを瞬時に決定しているのではないかと思われます。

 つまり、声さえ気に入ればデブでもハゲでも爺さんでも愛しますよ(`・ω・´) シャキーン

 ――なんて書くと、まるでアレクサンドル・ヴィノグラードフがカッコ悪いんじゃないかと誤解を招きそうで怖いんですが(そう、今日は彼の話題です)、いえいえヴィノ氏は見た目も◎ですよ?

 クドクドと述べたてたのは、ヴィノ氏こそ私の上記の図式にピッタリと当てはまった歌手なのでしてネ(*´∨`)

 お顔もおおまかな経歴も主なレパートリーも情報としては知っていたけど、特に興味を持ってはいなかったんですよね。ただの可愛い男の子だと思っていたもので。

 ところが実際にその歌唱を体験して以来、あのスラヴ系の盛大な縦揺れヴィブラートがミョーに気になっていけません。

 バスの歌は単調でつまらないものが多いので、声じたいに愛嬌や面白味を求めてしまう私。ヴィノ氏は既に、ボリス・クリストフエリック・ハーフヴァーソンに続く、オモシロ歌唱候補生として私の中でカウントされているようです。

パリ・バスチーユオペラ座 前置きが長くなりましたが、そんなわけで、3/8,パリ・バスティーユの《ルイザ・ミラー》でヴィノグラードフがヴァルター伯爵役を歌うという情報を知り、1年ぶりくらいにネット・ラジオにかじりついてみました。

 初めて「録音」にも挑戦です。

 こんな面倒臭いこと、アレンでもやったことはありませんよ?(`・ω・´) シャキーン

 続きを読む前に。ランキングのクリック、お願いします♪-------------------------
 実はこの日の《ルイザ・ミラー》。ヴェルディ真理教の信者仲間、現在フランス旅行中のぶどうくんが聴いていたと思われます。詳しい日程は聞いていないのですが、おそらくね。

 ヴィノ氏がヴァルターを歌ったのは3/5,と 3/8。急に決まった出演だったそうです。日本を発つ前にはぶどうくんもご存知なかったと思いますが、共に新国でヴィノ氏をチェックしましたから歌唱の特徴は覚えているはず。当日「あれ……?」ってことになったかもしれません♪

 それにしても、海外のオペラの公演を、日本に居ながらにしてリアルタイムで聴けるなんて。しかもタダで! いい世の中になったものです。

 さてさて、簡単に《ルイザ・ミラー》の感想を。

 全体的にお上品にまとまった印象は受けたものの、歌手陣はなかなか頑張っていたのではないかと思います。

 特に、ロドルフォ役のラモン・ヴァルガス。この人をきちんと聴くのは初めてですが、高音がカサついたり微妙に♭になりつつも、その心意気は買った! しまタン、満足。

 フェデリーカを歌うメゾ、マリア・ホセ・モンティエルは新国の時より安定していたんではないの? 太い声が素敵でした。カルメンの時には情感的な歌唱が気に入ったものですけれども、それに比べたら落ち着いたこちらのほうがなんだか魅力があったりして……。

 ミラー父娘は、私にはちょっと物足りない。
 でもまぁ、ルイザ役のアナ・マリア・マルティネスはそんなに悪くはないのよね。少なくとも、手持ちのマゼール盤のカティア嬢より声に輝きが感じられます。
(とはいえ、カティア嬢のさすがなところは、フェデリーカと対峙する重唱部分でほんとにホロリとさせてくれるところ)
 というわけで、バリトンもっと頑張れよ!と。

 (グロソップがミラーを歌っている録音、欲しいなぁ~)

 でもやっぱり、いちばん面白かったのはアレクサンドル・ヴィノグラードフです。
 この人のヴェルディを聴くのは初めてだけど、似合いますよね。

 ヴェルディの書く旋律って、良く言えば骨太、悪く言えば単純でつまらんじゃないですか。

 いやその、モーツァルトやロッシーニに比べればサ。プッチーニみたいなロマンもないし。なんか、唱歌っていうか、新興国の国歌ってゆーか……;;;

 そういう単純な旋律を魅力的に聴かせるには、声じたいに存在感と味わいが無いといけないの。

 繊細な美声ってのは、ヴェルディには通用しません。私がアレンにヴェルディ禁止令を発令しているのは、第一にそれが理由。聴いていてこっ恥ずかしいのよね;;;

 ヴィノ氏の場合、元々の声の立派さに加えて、縦揺れヴィブラートという強烈な武器があるじゃない? それだけで聴いていて楽しいし、さらに今回、

「ヴェルディ歌唱に必要不可欠な(と、この界隈のヴェルディ信者の一部が好き勝手に提唱している)盛大な#歌唱をマスターしている」

 ――という事実を発見!!

 これがなかなかに笑えます。マゼットやエスカミーリョでは気づかなかったんですけど、もしかしたらヴェルディの旋律でこそ本領発揮する個性だったのかもしれませんね。

 ウルムとのバス二重唱なんて、この演目で一、二を争う大ウケ・シーンなんでありますが、オケの滑稽な半音階に負けない味がありましたもの。見所のある青年です。

 まだ若いですからネ。歌うことで精一杯という感じがしなくもありませんが、このまま成長したら化けるかも……と、今からワクワクしております。

 惜しむらくは、かわゆすぎるその容姿。まぁ、声とのギャップがあって、それも面白いといえば面白いんですけどね。
 早くオジさんになってくれないかなぁ……(*´Д`) ←嘘です。ヴァラリンさん、ゴメンナサイ。

 今回はネット・ラジオでしたので、彼の歌唱のみに集中できました。夜更かしした甲斐がありました。


 クラシック音楽ランキング ←応援のクリックよろしくね♪

-------------------------
Il Conte di Walter Alexander VINOGRADOV (5 et 8 mars)
Rodolfo Ramon Vargas
Federica Maria José Montiel
Wurm Kwangchul Youn
Miller Andrzej Dobber
Luisa Ana Maria Martinez
Laura Elisa Cenni

@Opéra Bastille
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 8

ヴァランシエンヌ

TITLE:
SECRET: 0
PASS: a0e22dff80040476d31c4be219cf2d4d
うわ(*o*)
こんなに派手に取り上げてもらえるなんて、嬉しいやら恥ずかしいやら(笑)

>  この人のヴェルディを聴くのは初めてだけど、似合いますよね。

まあ!そんな風に仰ったのは、しまさんが初めてかもしれません(笑)
私は何を聴いても、どう書いても「惚れたお前の言うことなんざ、あてにならん^^;」という目でしか見てもらえないので、あんまり「●●が似合う」とは、言わないことにしてるんですが(←うそつき?^^;)

しまさんみたいに、あのヴィブラートがお気に召す方ばかりではないので、たとえネタ的歌唱でも、気に入って頂ければ嬉しいです。

それにしても、演奏自体もフェニーチェでのライブよりも、好みかもしれません。

> モンティエル

諸般の事情(笑)で、とてもそこまで注意して聴く余裕がありませんでした(^^;;;
じっくり聴き直して、再度レポしたいと思います(笑)

あとは、ぶどうくんのレポを楽しみに待ちたいところですね(^^)v
by ヴァランシエンヌ (2008-03-09 18:15) 

ウタコ

TITLE:
SECRET: 0
PASS: d00631b3762cc8c9ce4ed19b8fbbd8be
この人を見直したですヨ。いや面白かったぞよヴィノグラードフ君。ヴェルディをわかってるじゃないの。&ゆくゆくはオックスもいけそうだw

あとは見た目をなんとかせにゃ。
よく食べよく飲み、頭皮を不潔に保ち、できるだけ刺激物を摂取するこった。(ヴァラリンさん&ファンのお方すいません、悪気はないんですの…)
by ウタコ (2008-03-09 19:57) 

keyaki

TITLE: ラッキー
SECRET: 0
PASS: 05eb913b28e2e5432c9aee81cf2ed48c
アブドラザコフの代役で、放送日に当たるとは、ラッキーでしたね。

あれれぇ、フェデリカは、もともとドマシェンコだったのに、彼女、まだ復帰してないんですね。新国でもドマシェンコの代わりにMaria José Montielがカルメンを歌いましたが、同じエイジェントなのかしら....オペラ界ってせまいですね。

>盛大な縦揺れヴィブラート
なるほど、横揺れとか縦揺れとかあるんですか......どう違うのかしら、解説お願いします。
私は、モノトーンヴィブラートと命名したいです。なにしろピアニッシモからフォルテまで全音域に均一にかかるヴィブラートですから。

しかし、オペラ歌手って、代役でリハーサルもなしによく歌いますね。それだけでも尊敬しちゃいます。
by keyaki (2008-03-09 20:59) 

しま

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 9ad75ec898dcbec2ba9af00361834064
■ヴァラリンさん
ワタシが「ヴェルディが合う」と言っても、それこそ説得力がないんですよ;; 巷で絶賛されているヴェルディ歌手をケチョンケチョンにこき下ろすような、感覚のズレた聴き手ですから(笑)
それはともかく、ヴィノ君の声はワタシのバス歌手の好みに一致してます。今回それがよくわかりました。好きな演目ですし、楽しかったです。

>「惚れたお前の言うことなんざ、あてにならん^^;」
ワタシのブログこそ、ソレですね(笑)
まぁ開き直って、溺愛している自分の滑稽さ、ヴァカっぷりをネタにしてます。
「うわ、こいつ何言っちゃってんの? バカだねー」と笑ってもらえたら本望、みたいな(笑)
マゾなんでね(∀`*ゞ)エヘヘ


■ウタコどん
キミねぇ…ウチのよーなお上品なブログに……。みんなに誤解されちゃうじゃないのっ(`・ω・´)
それに、ヴィノ君はちゃんと外見的にも努力をしてるのよ。バーコードのカツラを被ったりして。


■keyakiさん
本当にラッキーでした。特に、友だち(一緒に新国のヴィノグラードフを見にいった人)が直に観ているであろう公演ということで、よけい興奮しちゃいました。
同じ公演を、ある人はフランスで、ある人は日本で、それぞれの思いを抱きながら鑑賞していると思うと、なんだか感動でした。

>横揺れとか縦揺れとか
無いですよ、モチロン(笑) 揺れ幅が大きくて特徴的なので、そういうふうに表現したほうが面白いかと思って。
by しま (2008-03-09 23:13) 

edc

TITLE: ネット放送
SECRET: 0
PASS: 31a7acdaee543bf4296cfeda4c9eb5ea
しまさん、リンクありがとうございます。私のほうからもリンクさせていただきましたので、よろしくお願いします。

好きな歌手出演の放送なら時差もなんのその。ネットラジオにかじりついて録音しながら聴いてこそ!!でしょうね。

そしてまた、そこがネット時代、瞬時にして某所に投稿ありですけど、投稿記事、伯爵役、アブドラザコフのまんまです。訂正投稿がまだありません。読んでるブログ情報がなければ、伯爵がヴィノグラドフだって知らないから、完全無視のところでした。

ルイザ・ミラーに関する過去の記事、TBします。
by edc (2008-03-10 08:26) 

しま

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 9ad75ec898dcbec2ba9af00361834064
■edcさん
あ、今度はTBできたんですね。よかった。
なんかうまくいく時といかない時があって、ワタシにもよーわからんのです。
ありがとうございます。よろしくお願いします。

やっぱり実際に観て、気に入った歌手だと、それなりに思い入れがあるんでしょうね。
それに、ネット放送を録音って、ちょっと憧れだったんです。いかにもオペラ“通”って感じですし♪
by しま (2008-03-11 00:22) 

ぶどう

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ただいま♪

まさに8日のを観てきました。
いや~びっくり、伯爵がヴィノ君だったとは∑(゚Д゚*)
知らなかった(笑)

な~~んか開演前に放送で「ムニュムニュ(フラ語)」言ってるなぁと思ったんですがそれでしたかw

知らなかったものの
「おや??なかなかいいんでない?w」
と思わせる歌唱でしたよ。
拍手もかなり大きかった!

結構本格的に(最前列でかぶりつき撮影とか)映像も撮っていたんで、これはいつか披露されるのかもしれませんw
DVDになるといいですね~
by ぶどう (2008-03-12 15:45) 

しま

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 9ad75ec898dcbec2ba9af00361834064
■ぶどうくん
お帰りなさい。お疲れのところ、さっそくのコメントありがとうございます(*´∨`)

>知らなかった(笑)
けしからん!!

>「おや??なかなかいいんでない?w」
ヴィブラート&♯歌唱でショ? とムリヤリ話をそちらに向けるw
放送が始まるまでは、「どんなもんかねぇ?」って気分だったんだけど、登場してからはけっこう真剣にのめり込んじゃいました。

>結構本格的に映像も撮っていた
そりゃ朗報ですね♪
あの絵本みたいな簡素な舞台美術も気になります。もしもDVDになったら見たいです。
by しま (2008-03-12 23:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。