So-net無料ブログ作成

ピーター・グロソップのルーナ伯爵@YouTube '64年ROHライブ [オペラの話題]

 最近ちょっと陰の薄いピーター・グロソップ様ですが、ようやくYouTubeに新ネタがアップされたのでご紹介。

 ええ~、またヴェルディですか……?(´・ω・`)

 ハイ、そりゃね。アレンじゃヴェルディ聴けませんし。ブランクのヴェルディもなんか間違っているよーな気がするし。ヴェルディを聴くためにファンになったグロ様ですから。

 見つかる動画がイァーゴとイァーゴとルーナとイァーゴとルーナじゃ、さすがに萎えますけど。
 カプ様だってヴェルディばっかだけれど、それでもヴァリエーションいっぱいから羨ましい。

(まぁ、見つかる動画がスカルピアとスカルピアとスカルピアとスカルピアとスカルピア…な某バリトン歌手に比べりゃマシか)

 で、今回のグロ様はルーナです。

 1964年、ROHでのライブらしい。
 レオノーラはグウィネス・ジョーンズ、アズチェーナはジュリエッタ・シミオナート
 さ、最高じゃん…。

-----------------------------------------

 グロ様の歌唱はオランジュの時と全く変わり映えがしませんで、そこがまた萎えというか、まぁその安定したところが強みなんでしょうけれども。(オランジュの同シーンはこちら

 ただ一つ、「コレを発掘してヨカッタ!!」と思えるのは、息も絶え絶えなモタつき歌唱を披露してくれたオランジュに比べて、ちゃんと指揮者のテンポについていけてるってトコよ。

 ココとかね。

 
(動画を配信していたYouTubeのアカウント切れ)*2012,3,9追記


 うふふ、グロ様もやればできる子なの(*´∨`)

 ちなみに、ルーナ×アズチェーナ×フェランド+合唱なこの重唱。
 アズチェーナが最も出張らなきゃならないのは基本として、ルーナとフェランドが同じテンション&大声で掛け合ってくれなければ大変つまらないシーンになります。

 オランジュのライブでは、フェランド役のバスが弱くって、グロ様のムキムキ声だけがアズチェーナに被ってくるという、壊れたステレオのようなバランスの悪さ。

 今回の動画にはそういう不満要素もなく、シミオナートは文句ナシだし、いい感じに大声合戦な盛り上がりで至福です。

 64年といえば、グロ様は36歳ですか。私の知る限り、最もお若いグロ様ですネ。

 いつの時代の映像を見ても、頭のデカさとモッサリした垢抜けない挙動は変わりませんが…。

 レオノーラ誘拐未遂のシーンなんて、まるで熊さんみたいだワ。バスティアニーニなんかを聴いてると、ルーナってもうちょっとカッコいいはずなんだけど。

 こういうルーナでもいいのかな?
 まぁ私は好きですけど…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。