So-net無料ブログ作成

クラウディオ・アバド《仮面舞踏会》-- 追悼鑑賞 [オペラ録音・映像鑑賞記]

ubimabbado.jpg 2014年1月20日、指揮者のクラウディオ・アバドさんが亡くなりました。ご冥福をお祈りします。

 享年80才、胃がんだったそうです。

 ジムでエアロバイクを漕ぎながらぼんやりとツイッターを眺めていて知りました。NHKでも速報が流れたようでしたが……こんな形でニュースを知る時代になったのだなと改めて思いました。

 さて、そのツイッター上では、多くのクラシックファンが追悼の意を表してそれぞれの思い入れの深いアバド作品についてのコメントを寄せています。

 アバドと言えば、やはりマーラーとか、ムソルグスキーとか、その辺りが王道のようですが、クラシックファンではない私の手元にはそういったものは一枚もありませんでした(涙)

 引っぱり出してきたのが、81年の《仮面舞踏会》。
 ドミンゴ、ブルゾン、リッチャレッリ、オブラスツォワ、グルベローヴァ、ライモンディという超超豪華キャスト盤です。

 もう何年も聴いていないCD。しかも尊敬するドミンゴ。ついつい歌手達の妙技に意識を奪われそうになりつつ、アバドの指揮にも注耳しながら聴きました。

 以下、簡単に記します。

続きを読む


タイムズスクエアのローザ・ポンセル像 [オペラの話題]

fimss.jpg rps.jpg

 前回、ローザ・ポンセルについての記事を書きましたところ、お世話になっている名古屋のおやじさんからポンセル像がタイムズスクエアにあるという情報を教えていただきました。

 以下、おおまかに調べたことを更におおまかに記載します。

 ポンセルの像は、ブロードウェイ1552番地に建つ旧I.ミラー靴店(I. Miller shoe shop)の片側の壁に設置されています。

 1920年代に設立されたミラー靴店は、演劇や舞踊の為の靴の専門店としてワールドワイドに展開していたそうです。
 その外壁に設置された4人の偉大な女優・歌手たちの像は、この街に集まる演劇ファンたちの目を楽しませていたのだとか。

 像はそれぞれ、エセル・バリモア(オフィーリア)、メアリー・ピックフォード(小公子)、マリリン・ミラー(サニー)、ローザ・ポンセル(ノルマ)です。

 初お目見えは1928年。

 歳月を経てこの建物も朽ち始め、次第に誰にも見向きもされなくなっていきました。現在では屋根から特大サイズの商業広告が見下ろしていますし、像の設置された壁の反対側にはマクドナルドが入っています。

 何とかしてこの由緒ある建造物を守りたいと、昨年秋頃から修復が始まり、12月中旬にはすっかり美しく蘇った姿を披露しています。⇒⇒⇒⇒こちら
(記事トップのI.ミラー・ビルの画像は修復前のものです)

 ※こちらのブログで改装前と後の画像を見られます。

ローザ・ポンセル -- スカートを履いたカルーソー [オペラの話題]

rpport01.jpg 中古屋さんでローザ・ポンセルのCDを見つけました。

 ヴェルディ抜粋盤。収録曲は《アイーダ》《トロヴァトーレ》《運命の力》で、共演者にジョヴァンニ・マルティネッリ、リッカルド・ストラッチャーリ、エツィオ・ピンツァの名前があります。
⇒⇒⇒こちらのCDです

 ポンセルといえば、かのトゥリオ・セラフィンの言うところの「3人の奇跡」の1人なのだそうです(他の2人は、カルーソーとルッフォ)。

 しばらく同時代の別のソプラノに入れ込んでいたのでポンセルについては後回しだったのですが、ディスクを見つけたのも何かの縁。それに、ピンツァの歌唱も聴いてみたかったのでホクホク購入しました。

 1曲目。
 マルティネッリのラダメス。「清きアイーダ」
 うん、オテロの時も思ったが、ちょっと弱いぞ。ニョロニョロしてるぞ。

 そして2曲目。
 ポンセルの「勝ちて帰れ」。
 その第一声を聴くなり、凡人の私も思わず呟いてしまったのです。

 奇跡じゃぁぁ~!!(←〝タタリじゃぁぁ~!!〟風に……)

 ※上の画像をクリックすると、YouTube、ポンセルの歌う『勝ちて帰れ』へ飛びます。

続きを読む


ルッフォについてまとめてみよう [お知らせ etc.]

trsnap02m.jpg ものすごく久しぶりに記事を書いてみようと思ったのですが、性懲りもなくルッフォのことだったので(しかも録音とは関係ないので)、いっそのこと外部にまとめてしまえ……と、別ブログを立ち上げてしまいました。

 題して、

 Titta Ruffo まとめ

 です。

 ……すみません、そのまんまで。

 ルッフォやヒストリカルに興味の無い方には面白くも何ともない内容かと思います。
 (御大の画像をクリックすると新ブログに飛びます。注意!)

 さて。『毎日オペラ』から『毎年オペラ』にタイトル変更してもおかしくない更新頻度ですが、私生活ではちゃんと「毎日」オペラを聴いています。

 ルッフォだけじゃありません。ええ。

 実演鑑賞も頑張っておりますよ。
 というわけで、こちらのブログも細々とやっていきたいと思います。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。