So-net無料ブログ作成

【相撲】/オモシロ歌唱鑑賞用語 [オモシロ歌唱事典]

Scarpiawixell.jpg 初出:《トスカ》@新国立劇場12/2 -- 不完全燃焼

 オモシロ歌唱鑑賞法の一つ。当ブログ特有の表現。

 歌唱のテクニックよりも声量を第一に誇る、いわゆる「大声歌手」同士が、重唱等で自慢の大声を張り上げ、演技そっちのけで目立とうとする、あるいは共演者の声をかき消そうとしている様子を、ネタとして面白がってこう呼ぶ。
 いわば「声による押し相撲」である。

 二重唱の場合は「タイマン」、三重唱の場合は「三つ巴」。

 《トスカ》の“テ・デウム”などでは、スカルピア歌手がオーケストラや合唱を相手に、自分の大声をかき消されまいと無謀なタイマンに及ぶことがある。それを「合唱との相撲」と呼ぶ。

 同義語として「大声大会」「大声合戦」がある。

 大声ではなく、息の長さや早口などを競う「技相撲」もある。
 (早口相撲はトーマス・アレンが得意とすると分野である)

 専門用語ではないため、一般的な使用は勧められない。



 兄ぃニのスカルピアについて語ったら、自分のブログにこんなカテゴリがあったことを思い出しました。

 ウチのブログで1、2を争うくっだらないカテゴリなんですが、常々私が「笑える」「笑える」と言っている意味を理解していただきたいのと、もしかしたら同じ視点でオペラを楽しむ“同士”が現れるかも・・?という淡い期待を抱いて、更新しときます。

 「続きを読む」以下に、《トスカ》のテ・デウムにおける“オケとの相撲”の名勝負をYouTubeから集めました。
 勝ち負けは関係ありません。歌手の気迫が大事です。

 ちなみに、右上の画像はスカルピア役で人気のあった大声バリトン、イングヴァール・ヴィクセル
 この人も昨年10月8日に亡くなりました。享年80才。このネタ記事はヴィクセルへのオマージュでもあります。

続きを読む


タグ:YouTube ネタ

サー・トーマス・アレン ROHデビュー40周年 [アレンのニュース]

allen40years.jpg

 サー・トーマス・アレンのロイヤル・オペラ・ハウスデビュー40周年を迎えました。2009年はプロ・デビューそのものの40周年でしたが、今年はROHでの40年です。そのお祝いが、1/27の《コジ・ファン・トゥッテ》初日のカーテンコールで行われたそうです。

 ほぼ1ケ月遅れの記事。サルダナさんに教えていただかなければ危うくスルーしてしまうところでした。相変わらず反応が鈍くてすみません。

 リンク先の写真集でもご覧いただけます通り、お花が降ってきたりお祝いのケーキが出てきたり・・と、お茶目なアレンじーちゃんを喜ばせるのにピッタリの趣向。
 アレンの表情もとっても嬉しそうですね!

 アレンのROHデビューは1971年の《ビリー・バッド》。もちろんビリー役ではなく、ドナルドです。

 ROHのデータベースで検索しますと、ちゃんと名前がありますね。

 デビュー時の思い出については、実は先日ご紹介したこちらのインタビューでもちらっと語られています。以前にもどこかで紹介した覚えがあります。動画の2分30秒あたりからです。

(ROHでの)キャリアの最初の思い出は、《ビリー・バッド》のドナルド。印象的な役ではないけど演じるのは面白かったよ。特に覚えているのは、リハーサルでステージに立った時、ストールズサークル(平土間を囲んでいる舞台と同じ高さのサイド席)にキャンドルの灯りが連なっているのが見えてね。ついにここに来たと思ったら感傷的な気分になって、涙が出てきたよ。

(※聴き取れない部分は飛ばして意訳してます)


 で、アレンが「じぃ~ん…(´;ω;`)」とデビューの喜びをかみ締めていた時、悠々と主役のビリー・バッドを歌っていたのは・・・

 なんと、ピーター・グロソップです。

 もういちどこちらで配役を確認してね。

 アレンってば、デビューの時からグロ様と共演していたんですね。同じ英国人ですからそりゃ頻繁に顔を合わせたんでしょうけど、同時に二人のファンをしている私にとってはこのタイミングでのご縁は感慨深いです。

続きを読む


バリトン愛好家の偏愛あるいは私は如何にして敬遠するのをやめてバスティアニーニを愛するようになったか [オペラ録音・映像鑑賞記]

bastianini.jpg 「ヴェルディが好きなのに、どうしてエットレ・バスティアニーニを敬遠するんですか?」と、mixiのオペラ仲間に突っ込まれました。

「だってヴェルディ・バリトンなら既にピーター・グロソップのファンですし。3人もご贔屓バリトンを抱えているからコレクションや調べモノで忙しくて、“兄ぃニ”どころじゃないんですよ」とごまかしておいたのですが、う~ん、イタイところを突かれました。

 敬遠していたのは本当です。

 嫌いだったわけじゃないんですが、なんというか、カッコ良すぎでね。ええお顔もそうなんですけど、なんというか歌唱がね。表現力が豊かすぎて、私の愛するヴェルディの単純でバカバカしい雰囲気(←賞賛してます)が大いに損なわれてしまうので。

 ロドリーゴとか、ダメなんですよ~カッコ良すぎて。死のシーンで大ウケしたいのに、あれじゃ笑えないじゃないですか、カッコ良すぎて。
 基本、私のオペラ鑑賞の視点がこんな程度なので。本当に申し訳ありません。

 そんなわけで、畏れ多くも苦手意識を持っていたバスティアニーニの歌唱の中で、初めて「これはエエ!!」と飛びついたのはヴェルディなんかじゃ全然なくて、彼の表現力の存分に発揮されたプッチーニの《外套》だったのでした。

 このミケーレには泣いた。泣いたよ~!!
 '54年の録音だからバスティアニーニはまだ30代。なのに初老の男の悲哀と絶望をこんなにも激しく表現するなんて。
 やっぱり巷の評判どおり、バリトンのキングなんだなぁ~と納得。

 なら、プッチーニで聴けばいいのかしらんと、いそいそと《ボエーム》なんぞに手を出してみたのですが、ん~やっぱりアカン。マルチェッロにしては声が(やっぱり)カッコ良すぎて、私のイメージとは違います。

 そもそも“イメージ違い”を楽しむなら既にエルネスト・ブラン御大がおられますし、私のバスティアニーニとの格闘はここでいったん小休止。

 それから数年後の今、再度挑戦するに至ったのは、敬愛するピーター・グロソップのコレクションが一段落ついたからです。

続きを読む


トーマス・アレンのドン・ジョヴァンニ -- '88 ロイヤル・オペラ [アレンのドン・ジョヴァンニ]

don88-1.jpg 声よし、歌よし、姿よし。
 世に数多く出回っているトーマス・アレンのドン・ジョヴァンニ。映像モノで今のところ私が最も気に入っているのは、'88年ロイヤル・オペラ・ハウスのものです。

 ヒゲ面で歌唱も荒々しく、二枚目というのとは違いますが、健康的な色気を放つ生き生きとしたジョヴァンニです。

 何かのインタビューで「300回以上演った」とか何とか仰っているのを目にしたことがあります。さぞかしいろんな演出でいろんなタイプのドンを歌ったんでしょうけれども、残された映像では声も最盛期を過ぎていますし、容色も衰えて吸血鬼みたいになっちゃったり・・。

 おまけにアレンのドンの解釈も、思い入れが強すぎるのか、他の役に比べるとぎこちないというか破綻しているというか、後年はあまり役作りに成功しているとは思えない。

 なので、生身の人間アレンが滲み出ている'88年ROHのドン映像は、普通に「ステキ~(*´Д`)!!」とのめり込めます。

  人間らしい味のある、“普通の”悪人ドン・ジョヴァンニ。例えばアーヴィン・シュロットとか昨今の二枚目セクシーとはほど遠いけど、オッサンらしいアクの強さとカッコ良さにあふれた、これぞ最盛期のアレンのドンです。

 相手役(?)のドンナ・エルヴィーラがキリ・テ・カナワであるのも嬉しい。

 テ・カナワの繊細かつ金属的な声の響きが役柄にぴったりですし、なにしろこの方もアレンに負けず劣らずのsinging actress!!
 おかげで、動きの少ない他の歌手にまじって、妙に浮きがちなアレンのオーバーアクションが、この舞台ではほどよく中和されています。

 上の画像をクリックすると、YouTubeに飛びます。ドンのエルヴィーラとの絡み、Ah, fuggi il traditor! から Non ti fidar, o misera にかけてのシーンですが、アレンとテ・カナワのまるで夫婦喧嘩をしているような息の合った演技が見もの。

 ってゆーか、ドン様、エルヴィーラが現れたとたんに「ぐぁ~ッ!!」って。そこまで嫌がらなくてもいいのにね(笑)

続きを読む


とってもこれが見たかった!! -- アレンのシルヴィオ in 《道化師》 [アレンの話題]

silvioandnedda.jpg ずっと見たい見たいと思っていたトーマス・アレンの《道化師》のシルヴィオ。

 1976年のロイヤル・オペラ・ハウスでのパフォーマンスが映像化されているのは知っていたんですが、ついでに海外の怪しいサイトで売っているのも知ってたんですが、なんだか疲れてしまいまして・・(笑)

 YouTubeにはコアで熱狂的なファンがいるので、いつかUPしてくれるだろうと怠惰に待っておりました。

 そのうちYouTubeチェックにも疲れてしまって(←ファンにあるまじき怠惰さ)しばらくほったらかしていたんですが、最近なんとなく覗いてみたところ、あったあったよ、ありました!!

 いちばん美味しいシーン、シルヴィオとネッダの二重唱です。

 まったくもー、これを見つけたからブログを再開したと言ってもいいくらいです。

 ↑の画像をクリックするとYouTubeの該当ページに飛びます。関連情報は「続きを読む」以下にまとめますので、まずは(昔はカッコよかった)アレンの熱く切ない歌唱をご堪能ください。

続きを読む


エルネスト・ブラン/Ernest Blanc (2010.12.22 逝去) 追悼盤を購入 [オペラの話題]

ernestblancCD.jpg ブログ休止中にもオペラ界ではいろいろな出来事がありましたが、この『毎日オペラ』で最も大きく取り上げるべきは、エルネスト・ブラン(Ernest Blanc)(*1)が亡くなられたことでしょう。

 クリスマス間近の2010年12月22日、生まれ故郷のプロヴァンス、サナリー・シュルメールにて。
 享年87才でした。

 1年以上も前のことですので今更記事にするのもどうかと思ったのですが、いまだに“Ernest Blanc”でググると日本語サイトの上位に私のブログが表示されてしまいますので、責任をとって(?)最低限の情報をまとめておこうと思います。

 追悼記事はこちら“Ernest Blanc s'est tu pour toujours ”(『エルネスト・ブラン永久に逝く』とでも訳すのかな?)を参照。

 フランス語が全くわかりませんので翻訳サイトによる怪しい訳文を読み解くしかないのですが、ブランもピーター・グロソップ同じく労働者出身。トゥーロンの軍需工場で働いていたそうです。

 それからのキャリアは長く、70才近くまで歌っていたとか? 引退後はしばらくパリで後進の指導にあたっていたようですね。

 ブランはフランス人だてらにバイロイトに2度も招待され、《ローエングリン》のテルラムントを歌いました。ヴォータンのオファーもあったそうですが、そちらは「私の声はふさわしくない」と断ったようです。

 ワーグナー歌いにしてヴェルディ・バリトンであり、ご本家のフランス・オペラでは右に出る者なし。代表的な当たり役、《カルメン》のエスカミーリョについては、そのエレガントな歌いっぷりがこの追悼記事でも言及されています。

 その幅広いレパートリーを彷彿とさせる追悼盤。本日、山野楽器で見つけてホクホク買って参りました。
 Amazonのよか¥500も安かったの~(*´∨`)

EB-1.jpg CDジャケットの舞台写真は《タンホイザー》のヴォルフラムでしょうか。

 こーゆー舞台衣装のオペラを私は「ネグリジェ演目」と呼んでいるのですが、そのネグリジェと、微妙に小首を傾げた仕草と、いかにも南仏人っぽいキラキラお目目・・。ちょっと…いや、かなり引く…。

 やはりこのお方だけは、ワタクシ、本当に本当にそのセクシーなお声に一耳惚れをしたのであって、決して外見に惹かれたのではないワ~と断言できるのですけど(つまり、好みじゃないと言いたいんですが;;;)

 久しぶりにじっくりとブラン先生の“デレカント”歌唱を聞きながらこのお写真を眺めていると、結局「声が好きなら何でもイイ!!」という気がしてきますね(つまり、やっぱりカッコいい~!!と言いたいわけです;;;)

 まぁお顔のことはさておき、肝心の中身の感想です。

続きを読む


望月哲也 Wanderer vol.3 @銀座王子ホール [コンサート/リサイタル]

motti_20120214.jpg お久しぶりの更新は、テノール望月哲也のリサイタルの感想です。

 望月さんを聴いたのはこれで3回目でしょうかね。

 数年前のリサイタルが1回目。いつだったか覚えていません(苦笑)。人の記憶はアテにならないから、ブログに記録しておくべきですよねぇ・・。

 2回目は、ハイ、ちゃんと記録しております。二期会・日生劇場の《カプリッチョ》
 作曲家フラマン役で、出演者の中で最も印象に残ったものです。

 その後は私もいろいろあって、望月さんの活躍を間近で見ることはなかったんですけど、私の休息中になんかますます有名なお方になっておられたようで・・(笑) 今年のNHKニューイヤーではボエームのロドルフォだし(仕事で観れなかったんですけど)、新国の《さまよえるオランダ人》では舵手役で出演予定です。

 上り調子の歌手さんですから、キャリアの過程はちゃんと押さえておくべきだと思いますので、友人が誘ってくれたのを幸いに有給をもらって行ってきました。

 バレンタインデーのリサイタルということで、第一部はベートーヴェンとシューベルトの歌曲、第二部は「愛」にちなんだフランスオペラのアリアでした。

 リートとオペラ・アリア。
 私は歌曲は苦手なんで、どちらかというと第二部のほうを期待していたんですが・・

 自分でも驚いたことに、第一部のベートーヴェンで涙ボロボロになってしまったんです!

 自他ともに認めるバリトン・フェチが、テノールさんの歌曲に涙するなんて・・!!
 生アレンの歌曲でも、じ~んとはしたけど涙なんか出なかったのに・・!!

 と、ちょっとフクザツな(笑)心境にさせられた今回のプログラムは以下の通りです。

----------------------------
ベートーヴェン: アデライーデ Op.46
       :連作歌曲集 「遥かなる恋人に」 Op.98
       :遠くからの歌 WoO.137
       :きみを愛する WoO.123
シューベルト:「ゲーテ歌曲集」 より
       野ばら D257/憧れやまぬ恋 D138/
       恋しい人のそばに D162/秘密 D719/
       最初の喪失 D226/月に寄せて D259/
       ガニュメート D544

********** 休憩 **********

<フランスオペラにおける愛のかたち>

~恋の芽生えと愛への昇華~
グノー:「ファウスト」より この清らかな住まい
~恋焦がれる青年の愛~
グノー:「ロメオとジュリエット」より 太陽よ、のぼれ
~忘れがたき愛~
ビゼー:「真珠採り」より 耳に残るはきみの歌声
~拒絶されし愛~
ビゼー:「カルメン」より おまえが投げたこの花を(花の歌)
~喪われし愛(訣れ)~
グルック:「オルフェとエウリディース」より
     エウリディースを失って(1774年パリ初演版)
~断ち切りがたき愛~
マスネ:「マノン」より ああ、消え失せろ! 優しい幻影よ!
----------------------------

続きを読む


タグ:望月哲也
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。