So-net無料ブログ作成
検索選択

聴きました!! -- アレンのファニナル in ROH 《ばらの騎士》 [アレンの録音・映像鑑賞記]

roh der rosenkavalier1-4.jpg

 NYメトロポリタン歌劇場(Met)に引き続いて、こんどは英国ロイヤル・オペラ(ROH)での《ばらの騎士》です。6/5(土)18:00から(日本時間では6/6、02:00)、BBC Radio3で放送されました。

 「ああ~アレンのファースト ファニナルを聞き逃した~ッ!! ヽ(`Д´)ノ」という方、どうぞご安心くださいませ。
 少しでも臨場感を味わいたい私は真夜中にPCの前に怪しく座り込みましたが、上記放送はBBCのiPlayerで7日間、いつでも視聴可能です。(⇒こちらをクリック
 こういうサービスがあるから、BBCはありがたいですね。
 私も1幕の録音が少し欠けてしまいましたので、今週中に録り直しするつもりです。

 そうそう。今回放送された《ばらの騎士》。
 サー・トーマス・アレン(Sir Thomas Allen)の50役@ROH達成!! という記念すべき公演でもあります。
 当時の批評をこちらの記事にまとめてありますので、ぜひまたご覧になってください。

roh der rosenkavalier1-1.jpg iPlayerで聴けるうちは、恒例の音源アップはちょっと自粛することにして...。
 ざっと感想だけ、記録します。

 どうしても先に聴いたMetバージョンと比較してしまいます(時系列的には、Metのほうが後なのですけど)。重低音がスカスカな音質の影響もあるのでしょうが、全体的に地味地味な印象。

 キャストのネームヴァリューの差も聴く耳に影響しちゃっていたのかもしれません。
 ROHの元帥夫人はソイレ・イソコスキ(oile Isokoski)、オクタヴィアンはソフィー・コッホ(Sophie Koch)。
 コッホはともかくとして、イソコスキは初めてでしたし。

 かたやMetでは、フレミングの元帥夫人にグレアムのオクタヴィアン。特にグレアムの声に私、完全にヤラレちまっています。
 アレンがファニナルを歌っているという点(これ重要!!)でも合格だし、Metバージョンが理想的な《ばら》のキャスティングとしての刷り込みが完了しています。きちんと聴く前からROHバージョンの分が悪いのはもう致し方なかったと思います。

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。