So-net無料ブログ作成
検索選択

[再掲] アレンの“セレブ” リサイタル@カドガン・ホール 3/28 [アレンのニュース]

※日程が近づいてきましたので再掲します。  このリサイタルを是非とも聴きに行きたかったのですが、仕事の都合で断念しました。残念ですが、ここ日本でCDを聴きながら応援します。  「続きを読む」以下に試聴ファイルをアップしてありますので、是非聴いてみてくださいね(*´∨`) 2009-03-24

------------------------------------------------------------------
2009-01-18 記
wideimage.jpg
 日本語で“セレブ”というと、本来の"celebrity" とはかなりニュアンスが変わってウケるんですが、とにかく、今年最初のブログ記事は、アレンのセレブ・リサイタル@Cadgan Hallのお知らせです。

 3/28(土) 7:30pm より。伴奏者は、おなじみのマルカム・マルティノー

 プログラムはコチラ↓です。
Sir Thomas Allen and Malcolm Martineau
Celebrity Recital Series 2009


Beethoven: Ich liebe dich, Maelied, Adalaide, Der Kuß
Schubert: Geheimes, Das Fischermädchen, Lied eines Schiffers an die Dioskuren, Nacht und Träume, Frühlinsglaube
Schumann:Dein Angesicht, Du bist wie eine Blume, Venetianisches Lied I, Venetianisches Lied II Hochländers Abschied
Wolf: Fußreise, Anakreons Grab, Jägerlied, Er ist’s !, Abschied
Somervell: On the idle hill of summer
Ives: Tom sails away
Warlock: My own country
Finzi: Fear no more the heat o’ the sun
Traditional: Golden slumbers
Britten: The choirmaster’s burial
Vaughan Williams:The roadside fire
Ireland:If there were dreams to sell
Dunhill: The cloths of heaven
Quilter: My life’s delight

Cadgan Hall のホームページよりコピペ




続きを読む


《ばらの騎士》@MET ファニナル役/2009-10 Season の出演予定 [アレンのニュース]

METRosenkavalier2000.jpg

 2009-10シーズンの各歌劇場の公演予定が発表されています。
 こういう情報収集はあまり得意ではないのですが、オペラキャストさんやブログ仲間の皆さんの“通報”のお陰で、“じーちゃん”ことトーマス・アレンの主だった出演情報もなんと把握している次第。いつもありがとうございます。

 そして、アレンの来期の出演予定で真っ先に飛び込んできたニュースがこちら。

 2010年1月、NYはメトロポリタン歌劇場(MET)《ばらの騎士》にて、ファニナルを歌いますヽ(´ー`)ノ

 以下、METのサイトからコピペ。


DER ROSENKAVALIER

Conductor : James Levine
Production : Nathaniel Merrill
Set and Costume Designer : Robert O'Hearn
Lighting Designer : Gil Wechsler

Marschallin : Renée Fleming
Octavian : Susan Graham
Sophie : Miah Persson*/Christine Schäfer
A Singer : Ramón Vargas/TBA/Eric Cutler
Faninal  : Hans-Joachim Ketelsen/Thomas Allen
Baron Ochs : Kristinn Sigmundsson

(October 13, 16, 19, 22, January 1, 6, 9 mat, 15)



 ハンス=ヨアヒム・ケテルセンの名前と並んでいますが、厳密な意味でのダブルキャストではなく、10月の公演がケテルセン、1月がアレンと、時期で分担しているみたいです。

続きを読む


じーちゃん、40周年おめでとーヽ(´ー`)ノ -- アレンのデビュー@WNO [アレンの話題]

 2009年も既に3月に入り、本当に今更な話題なのですが、実は今年は我がブログで溺愛している“じーちゃん”ことサー・トーマス・アレンにとって、とっても大切でおめでたい年。

 だって、じーちゃんのデビュー40周年なんですもの~(人´∀`).☆.。.:*・゚

 アレンがプロ歌手としての一歩を踏み出したのは、1969年、ウェールズナショナル・オペラ(WNO)にて。
《セビリヤの理髪師》のフィガロ役です。

 当時アレンは25歳。

 その時の舞台写真等は(当然ながら)ありませんが、6年後のロイヤル・オペラ・ハウスでのフィガロの写真がありますので、雰囲気をつかんでいただくため、ちょっとご披露してみましょうね。

 ↓コチラです。

figaro85.JPG


 え? これじゃ小さすぎてわからない?

 つか、前にムリヤリ見せられたし、新鮮味もないって?

 久々のブログ再開第一弾エントリーだし、もっちっとサービスしてもいいだロって?


 仕方がないなぁ・・・

 んじゃ、コレ。↓(「続きを読む」をクリック

 私的にはあんまりご披露したくないんですけど・・・

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。