So-net無料ブログ作成

ベルリン国立歌劇場《ドン・ジョヴァンニ》/東京文化会館 10/6 其の弐 主にマッティについて [オペラ実演レポ]

 コチラに続きまして、ベルリン国立歌劇場の《ドン・ジョヴァンニ》の感想レポです。

 ドイツ系は「時代設定読替え」や「前衛的」なものが多いから気をつけたほうが良いよと事前に脅かされていたのですが、トーマス・ラングホフによる今回の舞台は、美術も演出もオーソドックス。珍妙な“解釈”もありませんで、素直に楽しめるものだったと思います。
(衣装や小道具は19世紀っぽい感じでしたけど、そゆのは“読替え”に当たりませんし)

giovanni1.jpg セットは高さと奥行きを強調した、いたってシンプルなもの。
 ←一幕のドンジョ邸の様子は、劇中で最も豪華なシーンですね。その他は暗く、セットの真ん中にドアが一つあるだけだったり、バルコニーのみが建っていたり。それがけっこう効果的で、デカダンスな雰囲気を醸し出すのに一役買っていたと思います。

 そんなシンプルな舞台を背景にして、ドン・ジョヴァンニの真っ赤な衣装が、たいへんな牽引力でもって観客の視線を惹き付けます。

 ドンジョは大変な役なんだろーなーと常々感じておりますが、いやいやこの真っ赤なガウンじゃ……。
 歌が上手いだけではダメです。衣装負けしない、おもしろおかしい(それも狙ってではなく、“天然”な)挙動ができる人でなきゃ。

 今回のバリトン。噂では相当カッコイイ系らしいし(最近は腹が出てきたとか何とか聞くけど)、二枚目気取りのアイドル歌手じゃ、そこらの女子どもはキャーキャー言うかもしれないけど、このしま様のハートにロックオンはできなくてよ?

続きを読む


ベルリン国立歌劇場《ドン・ジョヴァンニ》/東京文化会館 10/6 其の壱 [オペラ実演レポ]

 滑り込みで手に入れたチケット。ものすご~く高額なワリにはものすご~くステージから離れていて、全然お得感が湧かず。カードの引き落とし明細を見てビビって、お昼ごはんのメニューのランクを急きょ落としている管理人です。
 行って来ましたヨ、《ドン・ジョヴァンニ》!! (`・ω・´) シャキーン

 兄さんハニーが出るわけでもないのに、こんなに大金はたいちゃって。

 これでつまんなかったらオペラファン続ける気が萎えるかも。
 ……とまで思い詰めていたわけでもありませんが、それに近い悲壮感は抱きつつ上野の東京文化会館へ。

 やはりドンジョは特別な思い入れのあるオペラ。つまんないもの見せられるくらいなら、家でお気に入りのCDを聴くだけのほうがはるかにマシざます(`・ω・´) シャキーン

 いや、まぁ、既に、この人に裏切られちゃっている時点で、あまり欲をかかないことにしているんですが。そうそう理想的なジョヴァンニ様は現れないサ。

 ペーター・マッティも最近はあまりカッコよくないという噂だし、まぁどんな歌唱かくらいはチェックするとして。

vinogradov.jpg 今回は、ロシア出身の若きバス・歌手、アレクサンドル・ヴィノグラードフのマゼットをメインに楽しみましょう。

 どうです? コチラの写真ではけっこうカッコ良い感じでショ?

 ロシア系の濃~いつくりのお顔が素敵ざます。

 この眉の太さ、目の大きさ、しっかりした鼻柱などを眺めていますと、ついつい思い浮かべてしまいますのが……
 

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。