So-net無料ブログ作成
検索選択

クラウディオ・アバド《仮面舞踏会》-- 追悼鑑賞 [オペラ録音・映像鑑賞記]

ubimabbado.jpg 2014年1月20日、指揮者のクラウディオ・アバドさんが亡くなりました。ご冥福をお祈りします。

 享年80才、胃がんだったそうです。

 ジムでエアロバイクを漕ぎながらぼんやりとツイッターを眺めていて知りました。NHKでも速報が流れたようでしたが……こんな形でニュースを知る時代になったのだなと改めて思いました。

 さて、そのツイッター上では、多くのクラシックファンが追悼の意を表してそれぞれの思い入れの深いアバド作品についてのコメントを寄せています。

 アバドと言えば、やはりマーラーとか、ムソルグスキーとか、その辺りが王道のようですが、クラシックファンではない私の手元にはそういったものは一枚もありませんでした(涙)

 引っぱり出してきたのが、81年の《仮面舞踏会》。
 ドミンゴ、ブルゾン、リッチャレッリ、オブラスツォワ、グルベローヴァ、ライモンディという超超豪華キャスト盤です。

 もう何年も聴いていないCD。しかも尊敬するドミンゴ。ついつい歌手達の妙技に意識を奪われそうになりつつ、アバドの指揮にも注耳しながら聴きました。

 以下、簡単に記します。
-------------------------------
 私は指揮のことなんて本当に本当にわからないですし、アバドのファンというわけでもないので、自分なりの「これがアバドだ!」というスケールを持ちません。的外れなことばかり書くと思いますが素人の戯言としてご容赦ください。

 平日でありましたので、二日に分けて聴きました。
 全体的に感じたのは、アバドの指揮はとても端正で、そして常に完璧を目指していたのだろうなぁということでした。

 普段からカビの生えたような古い録音(しかもライブ)を聴くことが多いので、きれいな音質に耳がびっくりしたというのも多分にあるかと思いますが……一音一音の細かい音色まで大切に演奏しているという印象です。

 オケは勿論のこと、歌手達にもそういう指示が出ていたものと思います。
 1幕、2幕、3幕と、それぞれに派手で難易度の高い重唱がありますが、一糸乱れぬ調和っぷり。こんなに息の合ったアンサンブルを聴かせてくれる《仮面舞踏会》はなかなか無いのではないでしょうか。

 アバドの指揮は「歌」を殺しませんね。
 その上で、物語を格調高く盛り上げます。
 3幕くじ引きのシーンでは、文芸映画のBGMのような緊迫感を。刺されたリッカルドが最後の言葉を言うシーンなど、「これはワーグナーでしょうか?」とツッコみたくなるくらいに感動的な音を引き出しています。ヴェルディ独特のあの臭みがありません。

 前後しますが、1幕2場のシルヴァーノの占いのあたり、ぬいぐるみ劇場みたいなノリのシーンがありますが、「アバド先生、おマヌケな音楽で申し訳ありません!ヴェルディなんで……ヴェルディなんて……どうか許してやってくださいっ!」と土下座したくなります(笑)

 曲そのものの持っている美ーー恐らくヴェルディ自身が気付かなかったものも含めてーーを見事に引き出した演奏だと思いました。そういう観点では、アバドはオペラよりもオーケストラの指揮者なのかもしれません。

 さて、せっかくオペラのCDですので、歌手たちの印象も軽く記しておきます。

 まず、リッカルドのプラシド・ドミンゴ。全盛期ということで、第一声から素晴らしい輝き。「今回は指揮を聴くんだ!」と思っていても、どうしてもドミンゴの声に引きずられて、伴奏のオケのことなど意識から飛びがちで困りました(笑)

 私はリッカルドはカラカラと明るいテノールが好みですが、ドミンゴのオテロめいた英雄っぽい舟歌もカッコいい。
 そして3幕「もしも私が永遠に」など、もうこのCDはドミンゴ一人のためにあるような気がするくらい素晴らしい出来です。
 要するに、私はドミンゴが好きなのです。はい。

 カリタ・リッチャレッリについては、普段はどうも辛気臭くて(すみません…)あまり好かないのですけれども、アメーリアという役柄にはピッタリと合っていてとても良いと思いました。アバドの繊細な指揮に声質が合っていたとも言えるかもしれません。
 第二幕のリッカルドとの二重唱など、ドミンゴの大♯な歌唱とあいまって大盛り上がりしていました。

 ブルゾンのレナートは気品あり!

 グルベローヴァのオスカルは可愛すぎ、そして歌唱が正確すぎ!(笑)

 オブラスツォワのウルリカ。彼女がアズチェーナを歌っても同じ感想を言うと思いますが、低音のドスと高音の金切声が、まさに魔女!

 ライモンディも重唱部をうまく支えていたと思います。

 さて。オペラでアバドの良さを堪能したら、今度はオーケストラものが聴きたくなったので、目ぼしいものを求めてツイッター上をさまよいました。

 ロンドン響のラヴェル《ボレロ》が面白そうです
 ラストのトロンボーンのグリッサンドに合わせて弦楽器奏者が叫び声を入れているそうで。

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

Basilio

非常に残念ですよね。ご冥福をお祈りいたします。
とは言え、あんだけ病気していたのに80まで生きたのだから大往生とも言えるかもしれませんね。

この音源、やはりドミンゴとブルゾンの豊麗な声に圧倒された覚えがあります。掘り出して聴いてみようかな。

僕自身はこのニュースを聴いた日はランスをちょっとだけ聴いてました。他にもシモンやボリスはじめ、再評価や開拓と言うのが或る面で彼の一番の業績だったように思います。
by Basilio (2014-01-27 12:40) 

しま

■Basilioさん
コメントをありがとうございます。
そうなんですよね、ドミンゴ最盛期の声なんじゃないでしょうか。
ブルゾンもいいですね。

今Wikiを読んでいて初めて知ったんですが、プッチーニやヴェリズモはやらなかったんですね。ヴェリズモを避けるのは何となくわかりますが、なぜプッチーニも…?
気になります。
by しま (2014-01-29 09:35) 

Basilio

>プッチーニやヴェリズモ
確かにプッチーニのイメージも無いですね^^;
マーラーとかストラヴィンスキーとかはやってるけども。

ヴェルディでもどちらかと言えばマイナーだったシモンを引っ提げたりドン・カルロの初演版をやったりで、椿姫やトロヴァトーレはやってなさそうだし、ヲタク気質だったのかも。
by Basilio (2014-01-29 10:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。