So-net無料ブログ作成

フィリップ・ラングリッジが亡くなりました 2010.03.05 [オペラの話題]

LangridgePhilip.jpg 少し出遅れておりますが、久々にネットに繋いだとたんに飛び込んできたニュースです。

 英国人のテノール歌手、フィリップ・ラングリッジが3/5、癌のためロンドンで亡くなりました。享年70歳だったそうです。
(命日に諸説があるようですが、ROHの発表では3/5になっています)

 08年12月のリチャード・ヴァン=アランに続いて、またもやENO《ビリー・バッド》でのアレンの共演者。この人のヴィア艦長もたいへん印象深かったですし、いつか生で歌唱を聴きたいと思っていたのでとてもショッキングでした。

 昨今、英国のクラシック音楽関係者で亡くなった方々は、みなびっくりするほどの若さです。ラングリッジも、ついこないだまで普通にステージに立っていませんでしたか?
 闘病生活は短かったそうですから病が発覚したのはつい最近のことだったのかもしれませんが…。

 訃報を知ったのは、ロイヤルオペラハウスのサイトのプレスリリースから。⇒こちら

 1939年ホークハーストの生まれ。
 音楽家としてのキャリアはオーケストラのヴァイオリニストからスタートしたのだそうです。
 オペラ歌手としての本格的なデビューは、1964年のグラインドボーン《カプリッチョ》でした。

 レパートリーは、クラウディオ・モンテヴェルディから始まって、モーツァルトはもちろんのこと、ラヴェル、ストラヴィンスキー、ヤナーチェク等の現代モノも。ワーグナーの《ラインの黄金》もキャリアの終盤にレパートリーに加えられたとの事です。(ウィキペディアより

 そして、忘れちゃいけない、ベンジャミン・ブリテン。《ビリー・バッド》のヴィア艦長、《ピーター・グライムズ》の題名役、《ねじの回転》のクィント、《ヴェニスに死す》のアッシェンバッハなど。
 ブリテン好きな私としては、ラングリッジは決して決して外しちゃならない大切な歌手。
 ピーター・ピアーズにさらにヒステリックさを加味したような歌唱が、ブリテンの雰囲気によく合っていたと思います。

LangridgePhilip 追悼として、ラングリッジがヴィア艦長を歌ったENO《ビリー・バッド》マンガ編の記事をリンクしておきます。

 ラングリッジの「テノール狂乱」音源もアップしてありますのでお聴きください。

 暇だった頃におフザケで作った楽しいネタなのに、2度までも追悼…寂しいですね。

 さすがに《ビリー・バッド》だけではワンパターンですので、08年Metの《ヘンゼルとグレーテル》で魔女を演じた動画も貼り付けておきましょう。


 魔女なのて、通常はメゾソプラノの役なのですが、テノールが歌うこともあるんですね。ってゆーか、こういうオバさん、普通にいるな…。

 知的で紳士なラングリッジにもこんな一面があるということで、けっこうお気に入りな動画です。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 4

keyaki

>ROHの発表では3/5になっています
そうなんですか....訂正しなくては...情報ありがとうございます。

6月のマノン(グリゴーロがヴィリャソンの代わりに出演)にも出演するはずはずでしたから、本当に進行の早い癌だったんですね。
私もこの年代の歌手さんの訃報は特にショックです。ライモンディとも共演したことがあるんですよ....
TBさせていただきますので、よろしくお願いします。


by keyaki (2010-03-31 14:50) 

しま

keyakiさん>
遅くなってすみません。TB承認させていただきました。
この訃報は、「サテ、そろそろアレンのスケジュールチェックでも…」と思ってROHのページに飛んだとたんに目に入ってきたんです。
もうビックリして、とにかく記事だけまとめて…。結局、まだアレンのスケジュールはチェックできていません;;;

今日、少しだけ例の「ビリー・バッド」を1幕だけ観てみました。
いつもはアレンのシーンだけを観るので、ラングリッジは早送りしちゃうんですが(←ヒドイ)、改めて彼の声を聞いて、あらためて残念に思いました。
良い声です。本当に。

命日は6日とか、8日とか、いろいろ書いてあって、私もちょっと迷ったんですが、とりあえずROHの発表のほうを載せてみました。
ウィキでも5日となっていますね。

それはそうと、keyakiさんが使われた写真と同じで、嬉しいです。
いい写真ですよね。

by しま (2010-04-05 00:13) 

チャッピー

keyakiさんのblogからやってきました。

フィリップ・ラングリッジは年末にMETの「ヘンゼルとグレーテル」で見ました。出待ちもしたのですが、足を引きずりながら、時折小さくうめき声を上げながら歩いてました。よくあれで舞台に立てたと思うほど辛そうでしたよ。
腰痛かと思ったのですが、年末にはすでに癌だった可能性が高いですね。
by チャッピー (2010-05-23 19:47) 

しま

チャッピーさん>
はじめまして。コメントをありがとうございます。

そうですか、年末には既に具合が悪かったんですね。
あの時はまだ、「舞台が不調」という話は特に聞かなかったように思うので、さぞ大変だったことと思います。
すごいプロ根性ですよね。
by しま (2010-05-24 00:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。